1. Commune コミュニティコンパス
  2. コラムの記事一覧
  3. ブランディングコンサルタントを利用するメリットと会社の選び方

コラム

マーケティング

ブランディングコンサルタントを利用するメリットと会社の選び方

2024/05/29

ブランディングコンサルタントを利用するメリットと会社の選び方
コミューン編集部

コミューン編集部

近年は市場競争が激化していることから、ブランディングによって企業アイデンティティを確立し、他社と差別化を図る重要性が増しています。しかし、すべてを自社で行うのは難しいことから、「ブランディングコンサルタント(ブランドコンサルティングを専門とするコンサルティングサービスを提供)」に依頼するケースも少なくありません。そこで今回は、ブランディングコンサルタントを利用するメリットや注意点、会社選びのポイントを徹底解説します。

ブランディングコンサルとは何をする?

ブランディングとは、単に企業や商品のロゴやデザインを整えるだけでなく、その背後にある理念やビジョン、価値を形成し、顧客や社会に伝える大切なプロセスです。ブランディングコンサルティング(ブランディングコンサル)では、専門家の見地から、ブランディングを成功させるためのサポートを行います。こちらでは、ブランディングコンサルの主な役割や目的を解説します。

ブランディングコンサルとは

ブランディングコンサルとは、企業やブランドの価値を最大化するための戦略や施策を提案・サポートする業務を指します。ブランディングコンサルは、コンサルティング会社や制作会社、広告代理店などの専門家に依頼するのが一般的です。このような専門家を総称して「ブランディングコンサルタント」と呼びます。

業務内容としては、市場ニーズの分析、ブランドコンセプトの策定、ロゴやパッケージデザインの検討、インナーブランディングの支援など多岐にわたります。戦略からクリエイティブ、PR活動まで、企業ブランドの認知度向上や課題解決に必要なあらゆる業務を一気通貫で担うのが特徴です。

ブランディングコンサルの目的

ブランディングコンサルの主要な目的は、企業や商品のブランド価値を向上させ、社会に浸透させることで長期的な競争力の確保をサポートすることです。具体的には、専門知識やノウハウを提供して競合他社との差別化やブランドアイデンティティの確立を図り、企業のビジネス成功を後押しする役割が求められます。

ブランディングコンサルタントを利用するメリットと注意点

ブランディング戦略は自社で完結させることも可能ですが、経験やノウハウのある人材が社内にいない場合は、思ったような効果を得られない恐れがあります。そこで次に社外のブランディングコンサルタントを利用するメリットと注意点をご紹介します。

ブランディングコンサルタントに依頼するメリット

客観的な視点でアドバイスをもらえる

ブランディングコンサルタントを利用すると、自社のブランドや商品に関して、客観的な視点でアドバイスをもらえる点がメリットです。ブランディング活動を自社で行う場合、内部の事情や固定観念が影響し、顧客視点が欠けてしまうケースも少なくありません。

この点、ブランディングコンサルタントであれば、客観的な視点で企業の状況を捉え、経験や知識をもとに適切なアドバイスや提案を受けられます。市場のニーズやトレンドに合わせた戦略立案や、競合他社との差別化ポイントなどを的確に指摘してもらうことで、ブランディング施策の質の向上が期待できます。

社内のリソースを最適化できる

ブランディングをコンサル会社に依頼する場合、社内のリソースを最適化できるメリットもあります。ブランディングに関する取り組みは多岐にわたるため、自社で実施するには多くの時間や費用などのリソースが必要です。しかし、専門知識やスキルに長けた人材がいない場合、想定より多くの工数やコストがかかる可能性があります。

ブランディングコンサルタントを利用すると、専門的な知識やノウハウを持ったプロの力を借りることができ、より効率的にブランド戦略を進められるため、内製化する場合と比較して、時間や負担を抑えられるでしょう。

ブランディング人材の育成に役立つ

ブランディングコンサルタントと連携することで、社内のブランディング人材の育成につながるのもメリットの一つです。ブランディングコンサルタントには、戦略の立案力や分析力、コミュニケーション能力、プロモーション能力など、幅広いスキルが求められます。社内の担当者がコンサルタントからこれらのスキルを吸収できれば、将来的には自社でのブランド構築も可能になります。

ブランディングコンサルタントへの依頼時の注意点

ブランディングコンサルタントを利用する場合、依頼する業務の範囲に応じて料金が変動する点に注意しましょう。例えば、製品ロゴやパッケージの制作のみを依頼するケースと比べて、プロジェクトの立ち上げから市場調査、プロモーションまでを依頼する場合は費用が高額になります。目的と予算に応じて委託する業務の範囲を適切に設定することが重要です。

ブランディングコンサル会社を選ぶポイント

ブランディングコンサル会社を選ぶ場合、単に知名度や料金だけを基準にするのはリスクがあります。こちらでは、ブランディングコンサル会社を選定する際のポイントを4つの観点でお伝えします。

事例と実績

ブランディングコンサル会社は、自社と同じ業界での事例の有無や実績に注目して選びましょう。一流のコンサル会社でも、クライアントの事業や業界に精通していなければ適切なサポートは期待できません。そのため、成功事例をチェックすることで、その会社が得意とする分野や業界を把握する必要があります。また、実際の制作物や取り組みの過程を確認し、自社のブランドイメージや世界観とマッチする会社を選ぶことも大切です。

依頼できる施策の範囲

ブランディングコンサル会社に任せる業務が決まっている場合は、依頼できる施策の範囲を確認することも重要です。コンサル会社の中には、ステークホルダーへのヒアリングから戦略の作成・実行、アフターフォローまでを担う会社もある一方で、一部の分野に特化した会社もあります。自社のノウハウ・リソース不足をカバーするためにも、任せたい業務を過不足なく依頼できる会社を探しましょう。

企業規模

ブランディングコンサル会社を探す際は、手掛けている案件の企業規模もチェックしましょう。大企業と中小企業では、ブランディングのニーズや求められる成果が大きく異なる場合があります。例えば、中小企業の場合、予算や人材の制限があるため、それに合わせた効率的な施策の提案が求められる傾向にあります。一方、大企業の場合は、複数の事業部門や国際的な市場展開を考慮した戦略が必要となるケースも少なくありません。施策に充てられる予算や進め方も企業規模に応じて変化するため、自社と近い規模の案件を多く扱っているコンサル会社に任せるのがおすすめです。

コンサルタントと自社担当者との相性

ブランディング戦略を成功させるには、コンサルタントと自社担当者の相性も重要です。ブランディング施策は長期的なプロジェクトになるケースが多いため、双方のコミュニケーションのとりやすさや信頼関係の構築が欠かせません。見積もり時のヒアリングや打ち合わせを通じて、コンサルタントの提案力や聞き手としての姿勢をチェックし、良好な関係の構築が可能かを判断しましょう。

ブランディングコンサルタントを活用して自社のブランド力を高めよう!

本記事では、ブランディングコンサルの概要やコンサル会社を利用するメリット、注意点、会社選びのポイントをお伝えしました。ブランディングは、企業の成長や市場での競争力を高めるために不可欠な要素です。ブランディングコンサルタントは、その取り組みを成功に導くためのサポートを行っています。過去の実績や担当者との相性を踏まえたうえで最適なブランディングコンサルタントを見つけ、自社のブランド力の向上を実現しましょう。